1_萌萌虫雑記帳.png

クスサン2

2014/07/06


 前回、幼虫を送っていただいたところから、今度は繭(まゆ)が届きました。茶色い糸でメッシュ状に編み上げた繭はとても見事です。ガの繭には様々な形状のものがありますが、メッシュになっていて中が見える繭というのも珍しいです。



 クスサンの終齢幼虫はとても大きくて、7〜8cmくらいあります。前回送っていただいた幼虫は残念ながら死着でしたが、ずっしりと重い立派な幼虫でした。
 繭はその形状からスカシダワラとも呼ばれ、中の様子が透けて見えるわけですが、上の写真では中はまだ前蛹ですね。緑色の幼虫の体が見えます。



 光の当て具合を変えると、中の前蛹がもう少しよく見えます。



 ズームアップしてみました。腹側から見た幼虫の歩脚が見えます。



 蛍光灯を背にして逆光で撮影しました。前蛹が入っていますねぇ。刺激すると元気にぴくぴく動きます。



 送っていただいた繭の中には、葉できれいに包まれているものもありました。葉をはがしてみると、中にスカシダワラがあるのですが、おもしろいことに、葉を貼りあわせるのに使っている糸は白いのです。



 こちらの繭はすでに蛹化を終え、蛹になっています。



 逆光撮影では、蛹は幼虫よりもかなり小さくなっています。下に脱皮した抜け殻も見えます。

 クスサンは年1化性で、成虫は晩夏から秋に羽化するといいますから、蛹で夏眠するわけですね。成虫は秋の虫で、卵を残して死滅し、卵で越冬します。
 自然状態であれば、繭は夏の間このままでいますが、うちではどうなるでしょう。なるべく自然状態に近い環境で管理したいと思います。そして秋には美しい大型のガを見たいです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM