1_萌萌虫雑記帳.png

オオシマトビケラ

2014/07/11


 なんかまた綺麗で個性的なガを見つけてしまいました。今年のガのシーズンは終わったと思っていたのに。もうガの顔も見たくないとおもっていたのに、こんなに綺麗な虫に出会うと、やっぱ撮ってしまうでしょう、ふつう。



 結論から申して、ガじゃなかったのですがね。触角が体長の倍以上あるガなんていないでしょう。そう言えばついさっき、赤いアリかと思って撮ったらクモでした。なんだか騙されてばかりです。



 幼虫はカワゲラやカゲロウと同様の水棲昆虫ですが、本種の幼虫はカワゲラやカゲロウとちがって脆弱な感じです。他が成虫と同様のヤゴ型の捕食者であるのに対して、トビケラは完全変態し、幼虫はイモムシ的です。タイプとしてはホタル的と言えるかも。3者はそれぞれ別目に分類される系統の異なる昆虫なのですが、単純な理屈ですが、カワゲラ→カゲロウ→トビケラという進化の構図が目に浮かびます。カゲロウは亜生態期を持ち、不完全変態(外翅類)でありながら、完全変態(内翅類)に近づきつつある、なんて考えは安直すぎますか?
 ちなみにアリジゴクの別称を持つ陸棲幼虫はウスバカゲロウという昆虫で、上記の3者とはまた異なる系統の脈翅目に属します。
 この辺りの昆虫の話しになると、見た目が似ているのに系統が異なって本当に頭がかゆくなりますが、さらに、シリアゲムシ目、チャタテムシ目、ラクダムシ目なんていう強者を加えると、グルグルと目が回りますね。ここからさらにシロアリ目、革翅(ハサミムシ)目を経てゴキブリ目までくると、ようやくホッとします。
 小さな柔らかい羽虫たちの世界は、昆虫の基本なのですが、そこいらは専門家に任せておきましょ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM