タイトル.jpg

アブラムシ

2014/07/13


 アザミという雑草があります。うちの庭にも時折いつの間にか生えていてけっこうな背丈になっていたりします。今回もそんなのを見つけました。ガーデニング愛好家にとってはアザミが数十センチの丈まで伸びるのに気づかないなんてありえないでしょうが。
 アザミの成長の早さにも驚きますが、それに取り憑いたアブラムシの繁殖の早さにもびっくりです。アザミとアブラムシの双方に驚愕です。



 半翅目ヨコバイ亜目の昆虫ですが、ヨコバイのようにペンペン跳ねたり飛び回ったりすることはありません。集団で植物に取り付き、口器を茎や葉に突き刺したままじっとしています。植物の維管束から日がなチルチルと汁を吸い続ける人生です。そうしながら時折プリッとお尻から何やら分泌しますが、それがまた甘くて美味しいらしく、アリンコたちの大好物です。アリンコたちはアブラムシを大事にします。アブラムシの集落を見つけるとその天敵であるテントウムシ等を撃退し、集落を守ります。



 何やらを分泌するついでに子供をプリッと産むこともあり、生まれた子供はその辺りで親と同じ暮らしを始めます。有性生殖も可能ですが、多くの場合メスによる単為生殖です。様々な令の個体が一緒に暮らす社会性が見られます。
 春から夏にかけて繁殖に加わるメスでは、すでに子を宿したメスを産むとか。なんだかすごいことになってますが、これが短時間大爆発繁殖の決めてですね。



 たまに翅を持つ個体がいますが、彼らは群れを離れて別の茎や他の株、さらにはもう少し遠くまで飛んで生活圏を広げます。

 アブラムシっていろんな色のものがいますよね。今回は赤でしたが、緑や黄色、グレーやほとんど黒、ほとんど白、紫も見たことがあります。赤でも朱に近い赤から濃いピンクまで様々。子供の頃、アブラムシのカラーバリエーションをコレクションするのもおもしろいかもと考えたことがありますが、その思いは今も費えていません。アブラムシの体色は、1つところに種々のカラーが混在することはないので、食べ物に依存しているのでしょうね。
 またちがった色を見つけたら写真を撮らせてもらいましょ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM