1_萌萌虫雑記帳.png

ニッポンマイマイ

2014/08/03


 もともとコベソマイマイと記載していたのですが、その後いろんな文献を参照して、ニッポンマイマイではないかということになり訂正することにしました。ただし、この訂正が正しいのかあまり自信はありませんが。これまでも読者の方々に誤りを正していただいたことがありますが、カタツムリに精通しておられる方、ご意見をお待ちしております。



 日本に生息するカタツムリとしては、殻高のある虫です。上から見るとあまり感じませんが、横から見るとよく判ります。



 黒い柄目が印象的です。殻は柔らかく、カタツムリ食いのマイマイカブリはこれを食い破ってしまいます。って、他のマイマイも殻はあまり丈夫でなく乾燥に対する適応という用途が大きいようですが。



 正面からのルックス。なんだかユーモラスです。殻高がずいぶん高いでしょ?



 飼育レイアウトは、昆虫マットを加水して敷き、コルクバーグを足場兼シェルターとして配し、あとは野菜クズを放り込んでおきます。



 水気の多い野菜が大好きですね。
 じつはマイマイカブリの餌用に入手したのですが、見ていて可愛いのでしばらく飼うことにしました。
 餌用のつもりの動物をついつい飼育動物にしてしまうって、ありがちですよね? じゃあ、マイマイカブリの餌はどうするねん、って話しですが、時折失敬しようかと……。インドヒラマキガイもよく食べるようで、そちらは大繁殖しているので、そちらを優先的に餌にします。インドヒラマキガイももちろん、長年飼い続けている飼育動物ですけどね。

 ところで、ニホンヤモリ、ニホントカゲ、ニホンアマガエルと、和名にニホンと付く動物がけっこういますが、本種はニホンマイマイではネット上でヒットせず、ニッポンマイマイが正しい和名のようです。前々から思っていたのですが、ニホンは漢字で書くと二本です。日本の正しい読みはニッポンです。ニチホンの促音便でニッポンのはずですからね。オリンピックの応援でも、がんばれニッポン、ニッポンちゃちゃちゃ、ですよね。ヤモリやトカゲやカエルがニホンなのは、何かの器官が二本あるからですか? 日本に生息するを意味するなら、ニッポンとするべきですね。マイマイだけがなぜ正確な表記をするのか、学会に文句を言いたいです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM