1_萌萌虫雑記帳.png

ニイニイゼミ

2014/07/16


 日本を代表するセミの中では、少し小型のセミです。我々がよく知るセミの仲間、アブラゼミ、クマゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクホウシそして本種がありますが、本種はその中でも啼き声が目立たず、だんだん姿も見なくなってきました。クマゼミの勢力がどんどん強くなり、それが北上してきて、今ではアブラゼミよりも存在感があるようになりましたが、その競合に本種は押されまくり、地域によっては絶滅が心配されるほどとも聞きます。なので、こうして本種の姿を見ると思わずホッとします。うちのご近所や能勢山系ではニイニイゼミはまだまだ元気ですよ。



 ニイニイゼミは、アブラゼミよりも少し早く、6月中には啼き始めるかと思いますが、これはアブラゼミやクマゼミとの競合を回避するためですね。



 ニイニイゼミは、ニイニイとは啼きません。そう言えばどんなふうに啼いているか思い出せないですね。目立たないから。むかし捕まえたオスが手の中で、プーーーーンというふうに啼いていたのがつたない記憶に残っています。



 オスです。じつはこれはすでに死んでいました。ぶじに繁殖に参加でき役目を終えたのでしょうか。
 筆者のような、なまくら待ち受け状態でも、毎年2〜3頭の本種を見かけます。羽化後の脱け殻(セミヌードといいます……か?)や死骸を合せると、5〜6頭くらい。今後もクマゼミの北上に負けずに頑張ってください。競合は地下の幼虫同士でさらに激しいかもですが、小型種の省エネボディが幸いする場合も少なくありません。ファイトです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM