マイマイカブリ2

2014/07/18


 マイマイカブリはカタツムリを主食とする昆虫だと言われていますが、飼育下では熱帯魚用の飼料や昆虫ゼリーをよく食べます。昆虫ゼリーのカップの中に頭を突っ込んでいるようすは、まるでカップがカタツムリであるかのようです。自然界でもナメクジやミミズ、虫の死骸、あるいは樹液などを食するようです。
 しかしながら、繁殖期のメスには、カタツムリが必須で、それを充分に摂取することで良質の卵を産むことができるのだそうです。



 飼育中の水棲巻き貝インドヒラマキガイを与えてみたところ、とてもよく食べました。研究施設だったか動物園だったか、餌用カタツムリが不足して、代替え策としてインドヒラマキガイを与えたところ良好な結果が得られた、といった記事を読んだことがあるというつたない記憶を頼りに与えてみたわけですが、ほんとによく食べました。高校生の頃、アサリだったかハマグリだったかをトラップに仕組んで、本種の採集に成功したこともあります。



 7月14日。オスがメスを襲っていました。かなり強引な求愛行動です。。



 数時間後、実際の交尾は見ていませんが、まだオスはメスをホールドしており、メスの方も拒む様子はありませんでした。



 カタツムリの残骸。与えたカタツムリはことごとく食べてしまいます。殻を食い破った痕も見られます。マイマイカブリの成虫の寿命については知識がありませんが、この貪食ぶりや求愛行動を見ていますと、太く短く生きるような気もします。



 17日。飼育中のケージに新たな個体を追加しました。これでケージ内には10頭のマイマイカブリがいることになります。追加した個体は、ひじょうに落ち着きがなく延々と駆け回り、別の個体に遭遇すると小競り合いを繰り返していました。



 手前のよく肥えた個体は、一見するだけでメスだと判りますね。



 それにしてもこの落ち着きのなさには呆れます。コロギスをケージに入れたばかりの時も同じような感じで、ずっと走り回っていました。マイマイカブリもそのうち落ち着いてくれるのでしょうか。



 1頭がカタツムリをくわえ込み、そのまま走り回っていました。もちろん別の個体がいなければ、早々に落ち着いて食事に取りかかるところでしょう。ところが駆けても駆けても別の個体と遭遇するので、いつまで経っても落ち着けません。それでもカタツムリを放さないところがすごいです。



 ようやくケージの隅に落ち着いて食事を始めたのは、何時間も経ってからのことです。
 これは明らかに過密飼育ですね。ケージを増やしてやらねばならないでしょう。繁殖を狙うのなら、少なくとも期待が持てそうなペアくらいはゆったりとしたスペースに移すべきですね。と言いつつ、コロギスのようにそのうち自分の居場所を確保して落ち着くかどうか、とりあえずは見守ってみようと、悠長なことを考えてみたり……。

コメント
初めまして!
質問なのですが、昔の記事で覚えてらっしゃたったらでいいのでよろしくお願いします。
.スとメスを一緒のケージで飼っているのですか?
▲スとメスを一緒のケージで飼うと寿命が短くなるのでしょうか?
カタツムリを与えるとかはケージを登ってこれないようにする方法はありますか?
他アドバイス等ありましたら教えていただけませんか?

長文失礼します
  • バルバル
  • 2017/10/11 8:27 AM
バルバル様。
初めまして、コメントありがとうございます。
マイマイカブリの飼育はなかなか難しく長生きさせるのも容易ではない気がします。ただし、これは筆者が未熟であるせいで、長期間飼育し繁殖に成功されている方もいらししゃるようですよ。
オスとメスは一緒に飼っていました。交尾も観察できました。
多くの昆虫が繁殖に参加すると寿命を縮めるようです。交尾を終えたオスは飼育下でも長生きしない可能性が大きいと思います。メスは産卵に多くの体力を消耗すると思われますが、環境をしっかり整えてやらないと産卵に至らないことが多いです。
カタツムリがケージを登るのを防ぐ方法はないですね。ミズゴケや落ち葉を充分に加湿していれてやると、以外にケージを登ることなく地表にとどまり、マイマイカブリの餌になっていました。

繁殖に挑戦するのであれば雌雄は一緒にしてペアリングさせる必要がありますが、そうでなければ雌雄を個別に飼育することで長生きさせられるかもしれません。ただし、採集前に交尾を終えているオスはだめですけど。

マイマイカブリは、昆虫ゼリーや熱帯魚の餌もよく食べます。成虫の飼育はそれらでも問題ないようです。ただし、幼虫を育てる場合にはカタツムリが必要です。
繁殖を手がけている方のサイト等も参照してみてください。
  • 筆者
  • 2017/10/11 3:07 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

まず最初に選んでください↓  
 




     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内

cover4.jpg
学術エッセイ
人類汎幼進化計画


cover3.jpg
小説
少女たちと星の序章


cover2.jpg
エッセイ
単純世界の真面目症候群
Simple System and Serious Syndrome

cover.jpg
小説
あかねだいばくはつ

★講読には電子書籍リーダー Kindle が必要です。

sijn.jpg








recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM