1_萌萌虫雑記帳.png

クロスジオオシロヒメシャク

2014/07/23


 シャクガの仲間としてはかなり大きな方ではないでしょうか。それほど珍しい種でもなく灯火にもよく飛来するようですが、筆者的にはお目にかかるのはひじょうに久しぶりです。真っ白な翅に大きな目玉模様が特徴的で、なかなか綺麗です。



 擬態名人が多いシャクガの仲間としては、異例的にとてもよく目立つ虫です。ユウマダラエダシャクのように鳥糞に擬態しているとは言えませんよね、これだけ目立つと。とくに灯火に飛来し、家の壁などに止まっているとかなり遠くからでもよく判ります。捕食者の逆心理を突いて、目立ちすぎることによって餌だと認識されないという効果を狙ったのでしょうか?



 翅の模様にはかなり個体差があるようです。この個体は模様がとても鮮明で美しい個体だと思います。成虫は6月と8月下旬〜9月に分けて発生するそうですから、ちょうと今の時期は夏眠中だと思うのですが、じっとしているのも退屈なので夜宴に訪れたのでしょうか。この季節は大きなガがあまり現れません。小さなハエくらいのガが多いです。その中で開帳70mm級はかなり目立ちました。



 日中は壁にとまっていましたが、日暮になるとどこかへ飛んでゆきました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM