1_萌萌虫雑記帳.png

ゴマダラチョウ2

2014/07/30


 当ブログにおける鱗翅目の虫の記述は現在のところガが約40種類なのに対してチョウは7種類にとどまっています。そりゃ、日本のチョウ250種類に対してガは3000種以上いるのだから、この比率はまっとうと言えるのですが、感覚的にはチョウの方が目立つし、とくに日中は目につくじゃないですか。それなのに筆者がチョウの記述をしない理由は、目の前を飛んでいるチョウの写真がうまく撮れないということに尽きます。野生のチョウの姿を綺麗な写真で記載している人たちの記録を見ると、ほんと感心してしまいます。あのようにじっとしていないチョウをどうやって写真に撮っておられるのか、なにか魔法があれば教えてほしいものです。
 筆者がもっと野山を歩けば、静止しているチョウに遭遇できるでしょうし、幼虫もたくさん見つけられるでしょう。チョウの記述の少ない理由の2つ目は、ナチュラリストを自称しながらちっとも野山に赴かない筆者の怠慢によるものです。



 そうした中で、これは貴重な1枚となるチョウの写真なわけですが、去年の11月末にも同種を撮影しています。レア度は中程度でしょうか、けっして珍しいチョウではないものの、そう度々見かける虫でもありません。それがこうしたまた飛来し、しかも撮影にも協力的というのは、なんだか本種の習性めいたものを感じてしまいます。
 本種は、カナブンやカブトムシたちと共に樹液に訪れるレギュラーの一員と言えると思うのですが、ついでに灯火にも飛んでくるのでしょうか。
 筆者がポコポコ歩いていてよく目につくチョウと言えば、クロアゲハやシジミチョウ類、タテハチョウ類ですが、いずれもアッという間に飛んで行ってしまい、撮影に協力してくれません。標本の収集家がお目当ての虫を目前で取り逃がした時の気持ちが解ります。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM