1_萌萌虫雑記帳.png

ミヤマカミキリ

2014/07/30


 なんと申しましょうか、ミヤマカミキリです。とても大型のカミキリムシですが、山を歩いていると遭遇率はけっこう高い方ですね。シロスジカミキリよりはよく見かける気がします。ただ、筆者の家に飛来した例は、シロスジカミキリが2度、本種は1度もありません。
 カブトムシやクワガタムシを目当てに夜間山林に赴くと、見つけることができます。
 これはいだたきものですよ。筆者なら本種を山で見つけても写真を撮るだけです。カミキリムシは飼育繁殖が難しすぎます。



 立派な虫ですよね。大きな体に太くたくましい6肢、節くれだった触角もたいへん大きいです。これでクワガタムシのように長生きして、繁殖方法も確立されていれば、人気者になったでしょうに。ただ植物防疫的に害虫なので、それを考えると育てにくいですが。



 どうです、この立派な触角。この長さはもはやすさまじいですね。カミキリムシの仲間は、オスの方が触角が明らかに長いです。しかし本種は何だか判然としません。メスの方が長いという人もいます。そんな例外はないと思うのですが。



 はい、恒例の顔面アップですよ。まるで目からでっかい触角が突き出ているように見えますが、実際の目は、その上の眉毛みたいなやつです。目が触角基部を取り巻いているって感じですね。



 ひっくり返ってもがいてます。甲虫類ってどうして仰向けになると上手く起き上がれないのでしょう。悪くするとこのまま昇天してしまうものもいますよね。甲虫類の飼育では、こうなっちまった時のための足場を用意しておいてやることが重要です。

 ええと、4頭もいますよ。とりあえず死ぬまで飼ってみましょう。
 ある情報では、クワガタムシの産卵セットで繁殖が可能とのこと。きっぱり言って信じられませんが、ダメもとで産卵セットを用意してやろうかと思います。期待はしてませんけどね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM