1_萌萌虫雑記帳.png

ミヤマクワガタ

2014/07/30


 日本のクワガタムシの中では、かなり異彩をはなつ虫ですね。とくにオスでは大腮の形状が独特であるうえに、大きな頭部の後縁がフリルのように突出します。頭部から前胸にかけて白毛を生じるのも他のクワガタムシにはない本種のオス特有の特徴です。
 その名のとおり山の虫です。山間部の旅館などでは灯火に飛来することもしばしばです。ノコギリクワガタのように平地にまで分布することはないようです。



 1頭のオスをいただきました。大きな個体ではないので、大型のオスのように本種固有の特徴は顕著ではありません。それでも充分な風格がありますけど。



 前から見ると怪獣っぽいです。触角をいっぱいに拡げて辺りを警戒していますね。



 横からみたところ。このシルエットも本種がいちばん映えます。オオクワガタを横から見てもなんか寂しいです。ミヤマクワガタはどこから見てもカッコイイです。



 カッコイイ虫なのですが、平地の高温乾燥にひじょうに弱く、飼育下で長生きさせるのは困難です。山地の山深い林の独特の湿度と朝夕かなり涼しくなる気温に適応した生き物ですから、それをあるていど再現できないと長期飼育や繁殖は無理です。すなわち筆者のようななまくら者には向かない虫です。本種やノコギリクワガタの繁殖を手がけている人ってすごいと思います。



 ミヤマクワガタの他種にないさらなる特徴は、6肢腿節に見られる黄色い紋です。これはメスでも明瞭なので、本種のメスは他種と見まちがえることはありません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM