1_萌萌虫雑記帳.png

ヘレボヌス・チベタヌス

2014/08/01


 唯一アジアに自生するクリスマスローズらしい。クリスマスローズというと12月頃から花をつけ4月になって春の花が咲き始めるころに花を終える、典型的な冬の花です。筆者の職場の駅を訪れるご高齢の女性も庭に植えているとおっしゃっていました。花の少ない冬期を通じて花をつけるなんて、すごいですね。



 高山植物園ではGWでも咲いていましたが、そろそろ終わりなのかもです。どの花も下向きです。まぁ冬に花を訪れる虫もいない(皆無ではないかも)でしょうから、上を向いていても空しいだけなんでしょうけど。同じように冬に咲くシクラメンも下向きの花をつけますね。



 花が終わって初夏に種を落とすと、その後地上部は枯れて休眠に入るのだそうです。種名のチベタヌスは発見地のチベットを差しているそうです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM