1_萌萌虫雑記帳.png

ザゼンソウ

2014/08/03


 なんてことない、大きなビローンとした葉が菜っ葉みたいに生えています。名前が面白いので写真に撮りました。座禅草って……。
 寒冷地の湿地に生える多年草で、雪解け時に赤い仏炎苞をむっくりと地表に表すそうです。仏炎苞というのはサトイモ科の植物に見られる独特の花の形状です。写真を見ましたが、赤いミズバショウって感じの花ですね。見たかったです。でもこんなに葉が大きくなっている今となっては時期はずれもいいとこです。



 ああ、退屈な菜っ葉だこと。ウサギにでもくれてやりたくなります。



 たくさんのスギナと一緒に日陰の斜面を埋めていました。スギナとは相性が良いみたいですね。同じ地下茎もの同士……。
 花を達磨大師が座禅を組む姿になぞらえてこの名が付いたそうで、ダルマソウの別名もあるとのことです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ



サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM