1_萌萌虫雑記帳.png

カナブン6

2014/08/06


 夏の山林をにぎわすカナブンたちですが、8月に入るとあるとき急に数が激減し、やがて姿を見せなくなってしまいます。繁殖に参加したオスは死去し、そのあと産卵を終えたメスも死んでゆくのでしょう。筆者のところで飼育中のカナブンたちも今日までにかなり死んでゆきました。



 先日届いたレアカラーカナブンたちは、野生採集個体だと聞きましたが、飼育下では繁殖行動が観られました。赤と緑の取り合わせだと、どんな色の子が生まれるのでしょう。



 死骸の多くはバラバラになっています。生きている個体が節と節の間に頭を突っ込んで中身を食べるせいでしょう。とくに卵を抱えたメスにとっては重要なタンパク源になりますし。



 カナブンの卵はたいへん小さいうえにカブトムシのそれのように真っ白ではないので、筆者の老眼では見つけるのがひじょうに困難です。マットをさんざん引っ掻き回して3卵を確認しました。うまくゆけば今月中に孵化が始まるでしょう。



 生存中の個体です。黒っぽいのはフクエアオカナブンの生き残りです。繁殖活動を終えた個体なので、ここに編入させていただきました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM