1_萌萌虫雑記帳.png

シラホシハナムグリ2

2014/08/06


 前項で、本種とシロテンハナムグリのちがいについて、実物を比べてみようと言っておきながら、ずいぶん日にちが経ってしまいましたが、理由はきっぱり言って忘れていました。すみません。



 ます頭です。上が本種、下がシロテンです。本種では頭頂が直線的(少しは曲がってますが)なのに対して、シロテンのそれは中央がくぼんだ山形(^^←こんな感じ)になってますね。



 今度は翅鞘に注目です。左側が本種。翅鞘が角張っているため中央がへこんでいるように見えますが、シロテンは丸っこい翅鞘をしています。
 以上2点を以て両者を区別しましょう。ほかにも6肢がシロテンの方が長いとか、中胸腹板突起の形状だとか相違点はいくつかありますが、いささか難易度が高いです。翅鞘の模様がちがうという記述も見たことがありますが、そもそも個体差のある模様を種ごとに見比べるなんて難しすぎます。

 そう言えば、そろそろ産卵が観察できる時期ですよね。近い内にマットをほじくり返して見ましょ。ちなみに死去が相次ぐカナブンたちに比べ、本種は現在もみんな元気にしています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM