1_萌萌虫雑記帳.png

ヒゲコガネ2

2014/08/06


 今年は、この大型のコガネムシの当たり年です。7月下旬から8月に入って、かなりたくさん飛来しています。飛んでくるのはオスばかりですけど。オスが無鉄砲に飛び回るのにはどんなメリットがあるのでしょう。近縁種のオオコフキコガネもたくさん飛来します。



 珍しく自慢の触角をだらんと下げています。かといって衰弱している感じでもありません。昨夜灯火に飛来し、夜更かししたのでまだボーッとしているのでしょうか。



 なかなか目覚めませんね。本種の触角を下げている姿というのもある意味レアです。あまり見ることがないです。



 ようやくお目覚めですか。こうして見るとなかなか綺麗で美しい虫ですね。最近は週に1〜2匹ていどが飛来します。



 茶色いボディにまばらに生えた白毛が、独特の模様を形成しています。頭頂や目元はご覧のとおりのひげづらです。でもこのひげづらが名前の由来ではないですよ。オスの立派な触角が和名の由来です。知ってるって? 失礼しました。コフキコガネ亜科の大型種はいずれも立派な触角を持っていますが、本種はもっとも体が大きいのでその分触角も立派で、この名がついたようです。



 触角のクローズアップ。うーむ、立派だ。先端は7枚の花弁型の節が密着していますが、彼がもっとシャキッとしている時は、これを盛んに開閉してレーダーを巡らせるわけです。
 元いたところに置いておきましょう。そのうち飛んで行くでしょう。衰弱しているようではなさそうですし。ボーッとしているおかげでよく撮影に協力してくれました。サンクス。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM