1_萌萌虫雑記帳.png

オキシペタルム2

2014/08/06


 今年、たくさんのブルースター(本種の花のこと)を見せてくれましたが、夏になりいつの間にやら花も終わっていました。そのあとには長い鞘を持つ実が成っています。花があれほど多かったのに実が少ないのが気になりますが、まぁ、いいでしょう。すべての花が受粉に成功し結実するとは限らないということなのでしょうか。



 実です。触ってみるとエンドウのような豆の入った鞘とはちがった感じです。どちらかと言うとオクラ的……、でももっと硬くて折ったり曲げたりしにくいです。



 解剖してみましょう。カッターで真っ二つにします。かたっ! これは固いですよ。白い濃厚のネバネバ液があふれてきました。カッターに付着したそれは木工用ボンドよりもずっと頑固で、拭き取れず、けっきょくネバネバ液の着いた部分の刃を破棄せざるを得ませんでした。



 黄色い種がびっしり詰まっています。中央に白いナイロンテープのようなものが見えます。これは光沢のある白毛の集まったものですね。



 すでに枯れている実のひとつです。なんだかよく解りません。



 別の枯れた実には、黒い種が残っていました。ひとつひとつの種には綿毛がついています。生の実を切ったときに見えたナイロンテープのようなものが綿毛になるんですね。



 綿毛のついた種子は、風に乗って遠くへ飛んでゆき、生活圏を拡げて行くわけですね。人によって持ち込まれた外来種が、このように日本の自然に種子をばらまくことになるわけです。ペットブームにより、虫や獣の人による移動が問題視されるようになりましたが、園芸植物についてはあまり問題になりませんね。輸入植物が種を飛散させることを問題にしたら園芸業界の死活問題になるからでしょうか。事実として私たちの身の回りには、輸入植物が逸出して野生化した植物がたくさん自生しています。輸入植物を庭に植えるということは、すでに生物の移動に加担しているということです。植物にとって人が作った垣根やフェンスなんて何の意味もありませんからね。

 後日追記:本種の実から濃厚なミルク状の白い粘液が分泌され、それで手がかぶれたという話しをしましたが、あれは筆者の誤解でしたので、その文面を削除しました。手がかぶれたのは飼育中のタケカレハの幼虫が有毒で、知らずにそれを素手で触っていたからでした。無知というのは怖いものですね。本種の汚名回復のためにも訂正させていただきます。すみませんでした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM