タイトル.jpg

カイコガ10

2014/08/06


 7月26日に最初に羽化したメスと同日羽化したオスですが、オスは29日に死去しました。雌雄は一緒にしていましたが、交尾は確認できていません。ただ早々にオスが死んだのは交尾を終えたからかと思うのですが。そしてその後、メスの産卵が始まりました。



 31日、昨日から産卵を始めたようです。最初はメスが足場として止まっている繭に10粒ばかりの卵がくっついているのを見つけました。そして31日の夜にみたところ、メスを収容している容器の縁にそって多数の卵が見つかりました。



 卵は真っ白というわけではなくうっすらと緑色を帯びて見えます。たいへん美しい卵です。



 8月2日。メスは再び足場にしている繭にもどり、そこにたくさんの卵を産み付けていました。繭や容器にくっついている卵は、指ではがそうとしてもなかなかはがれません。無理やりはがすと卵を壊してしまいそうでしたが、ためしにやってみると意外に強固で壊れることはありませんでした。



 8月4日。産卵は続いています。見ているとメスはほとんど動きませんが、時おり観察するたびに卵の数が増えて行きます。メスを収容している容器の中の3つの繭(いずれも抜け殻)は、たくさんの卵で覆われて行きました。そしてこの日の午後、メスは繭に止まった状態のまま、まるで生きているような姿で息絶えていました。



 左が29日に死去したオス、右がその後8月4日まで産卵し続けたメスです。お疲れ様でした。オスの死骸にも1つ卵がくっついてますね。

 あるサイトによると、卵はさんらんから2日もするとほのかにピンクに色づくのだそうです。ところが今回産み落とされた卵にはそのような兆候が見られません。交尾は成功せず、メスは無精卵をむなしく生み続けていたということでしょうか。もうひとつの可能性は、越冬卵であるということです。卵がひじょうに強固なのは越冬に備えてのことなのでしょうか。ただ、今の時期、越冬卵を生むにはまだ早いと思われます。また別のサイトでは、孵化する卵もあれば来年まで休眠する卵もあるとありました。同時に産卵されたもののなかに、早期に孵化するものと越冬するものが混在するということはないでしょうから、このすべてが越冬卵か早期に孵化するか、両方の可能性があるということなのでしょう。無精卵の可能性も含め、結果は遅ければ来年の春にならないと出ないということです。
 見たところ、早期孵化の様子はなさそうですが、それに備えて加湿したティッシュを容器内に配し、孵化の準備をしておこうと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM