1_萌萌虫雑記帳.png

アオドウガネ5

2014/08/08


 今年はとても多くの個体に出会いました。飼育中の個体もみんな元気にしているうえに、見つける度に飼育ケースに放り込むので、今では10頭くらいはいるんじゃないでしょうか。昆虫ゼリーをよく食べますし、葉や野菜を与えないので糞でケージを汚すこともありません。素晴らしいですね。



 昨日見つけた2頭は、かなり茶色がかっていました。一見するとスジコガネと見まちがうほどです。7月中に採集したものよりも8月に入ってから見つけたものの方が茶色がかったものが多いのは偶然でしょうか、それとも新成虫の発生時期と色合いになにか関係があるのでしょうか。



 比べてみましょう。左上が飼育中の個体、綺麗な緑色です。で、右が昨日採集した個体、とくに翅鞘の色が茶色いですね。真ん中にいるチビはヒメコガネです。これは……本種と間違えて採集したものですね。なんていい加減な……。放してやりましょう。



 クワガタ用に市販されているマットの中に卵を見つけることができました。まだまだたくさんありそうです。カナブンの卵より白くて大きくよく目立つので見つけやすいのですが、カナブンよりもかなり小さな本種が大きな卵を産むものです。それとも産卵から日数が経過しており膨らんだのでしょうか。



 形状はほぼ球形をしていますし、時間が経っていて膨らんだ可能性が高いと思います。ということは近日中に幼虫が見られるかもしれませんね。成虫は葉食い幼虫は根食いの本種を昆虫ゼリーと朽木マットで育てられれば、ドウガネブイブイやコガネムシも同じ方法で飼えるかもしれません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM