1_萌萌虫雑記帳.png

オオセンチコガネ

2014/08/13


 筆者の家の近所でも時折見かける糞虫です。シカとかいますからね。シカが電車を止めるというアクシデントも年に何回か起きます。筆者も帰宅途上の電車がシカの線路立ち入りで止まったことがあります。運転士が列車無線で報告し、徐行してシカに近づくと間近で警笛を一発、シカはのろくさと線路から退去しました。って、シカの話しじゃございません、糞虫(フンチュウ)の話しです。



 独特の丸いフォルムと湾曲した6肢、綺麗な色彩と、たいへん魅力的な虫なので多くの愛好家がいますが、飼うのに草食獣の糞が必要ということで、飼育繁殖を手がけている人は多くなく、コレクターが標本をせっせと集めているという、ちょっと哀しい実情があります。



 基本的には光沢のある褐色の虫なのですが、色彩変異が多く、駅の階段で拾ったこの個体は、赤い光沢を放っていました。肉眼ではひじょうに赤いのですが、写真にするとなぜかあまり赤くありません。肉眼とカメラとではピントにズレがあるのでしょう。



 カメラの設定をいじってピンボケにしてやると、このように赤紫の光沢が得られました。



 腹面も赤紫色です。筆者のこれまでの経験では、赤紫はあまりお目にかかれません。



 高校生時代に作っていた標本です。左側が奈良公演にたくさんいる青色変異型、中央がノーマルです。右側はセンチコガネで、本種とは別種になります。枚方公演でよく見かけました。



 2000年頃に飼っていた緑色変異型です。これもなかなか綺麗です。飼育には高タンパクの昆虫ゼリーを与えていました。成虫のストックだけなら昆虫ゼリーでも飼えます。



 腹面ももちろん鮮やかな緑色です。



 これは、やや緑色の光沢があるものの、ほぼノーマルですね。
 中国や台湾で食べられている臭豆腐という食品は、ウンコの匂いがするそうです。やるな、中国人。それをトラップに仕掛けると、糞虫が採集できると聞いたことがあります。臭豆腐を入手して、これを空き缶などに入れ、近所の山に埋めておけば、色とりどりの糞虫が得られるかもしれません。それでなくても年に数回は道端や公園等でも本種と出会えますから。
 園芸用の牛糞なんかで本種を繁殖させられないものですかねぇ。むかし母が近くの牧場でガチの牛糞をもらってきて庭にまいてたことがありましたが、あそこに糞虫を放ったら繁殖したのでしょうか。人間には臭くなく見た目も普通の土っぽい糞虫飼育マットをどなたか開発してください。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM