1_萌萌虫雑記帳.png

ミツノゴミムシダマシ

2014/08/13


 2000年の9月半ばから7ヶ月ばかり飼っていた虫です。全長18mmほどの黒い虫で、産地は能勢の三草山、今の筆者の住まいからはすぐのところですが、当時筆者は大阪府寝屋川市に住んでいました。当時懇意にしていたオオクワガタのブリーダーの友人が見つけたのですが、度々山に分け入っている彼でも初めて見る昆虫とのことでした。



 新種じゃなかろうか、そんなことをささやきながら調べてみたところ、保育者の昆虫図鑑(学会編)に記載がありました。ゴミムシダマシなら、クワガタムシの産卵セットで飼えるだろうということで、飼育を開始したわけです。



 頭部に3つの角状突起がありますが、対を成す後ろの2本にはオレンジ色の毛が生えています。頭部先端にある突起は扇状をしていますが、この前からの写真ではそれがほとんど見えないですね。角状突起はオスの特徴のようです。



 朽木を食する虫だと思われますが、昆虫ゼリーも食べていました。菌類のたくさん生えた朽木を与えてやれば大喜びしたでしょうね、今から思うと。
 飼育下で越冬し、翌年の4月半ばまで生きていました。3月頃でもよく動き回っていましたね。地味だけど面白い虫でした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM