1_萌萌虫雑記帳.png

ミンミンゼミ

2014/08/13


 うちの近所では、朝はクマゼミ昼はアブラゼミの啼き声が最盛期を迎えていますが、車で数分の山の斜面に赴くと、ミンミンゼミの声を聞くことができます。先日セミについて調べていて、ミンミンゼミは斜面を好むということを知りましたが、実際にそうでした。幼虫が傾斜地の土壌を好むのだそうです。そう言われてもどういうことなのかあまりよく判りませんが。地質学に詳しい人なら、平地と傾斜地の土壌の違いについて理解が足りているのでしょうね。傾斜地は水はけが良くじめじめすることが少ないので、そういうところを本種の幼虫が好むのでしょうか。だとすれば同じ傾斜地でも苔むした密林の斜面は苦手かもしれません。



 実際のミンミンゼミを撮影できなかったので、筆者のオタクなコレクションの中から、カプセルフィギュアを見つけてまいりました。緑色の美しい大型のセミです。それにしても近頃の動物フィギュアはよくできていますね。



 腹面図。メス……ですかね。発音板があまり目立ちませんし。腹節や翅の感じが本物と違いが分からないくらいです。



 子供の頃、福井県の祖母のところへ夏休みになると必ず行っていました。夏休みの半分以上は向こうで暮らしており、祖母が母親代わりでした。福井でもミンミンゼミの棲息地は限定的で、林さえあればいるというわけではありませんでした。よく覚えているのは、父方の田舎のあるところで、永平寺へ通ずる県道沿いの林です。山裾の傾斜地で朝からよく啼いていました。



 本種は、ヒグラシと同じく山地型の昆虫だと思われます。平地ではなかなかその声を聞くことができません。ただ、東京都では坂の多い公園などにしばしば本種が棲息しているようです。関東と関西とではいささか事情がちがうようですね。
 むかし北海道に旅行した際に、ミンミンゼミの最北棲息地というのがありました。クマゼミでは北陸が限界なのに、本種はずいぶん北方にまで適応したものです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM