1_萌萌虫雑記帳.png

オオコフキコガネ3

2014/08/15


 今年は、ほんとうにオオコフキコガネが多いです。代わりに毎年しばしば見かけるコフキコガネの姿がありません。オオコフキコガネに次いでヒゲコガネもしばしば飛来します。コフキコガネが苦手とし、オオコフキコガネやヒゲコガネの大発生を促すような気候条件が何かあるのでしょうか。



 でました、触角の小さな個体です。今年初めてお目にかかります。妙な言い回しをせずにメスと申しましょう。これまで10頭あるいはそれ以上の本種あるいはその死骸を目撃していますが、メスは初めてです。丹念に調査しているわけではないので、これまでに飛来したメスはいなかったとは言えませんが、圧倒的にオスが多いのは事実です。事情はヒゲコガネも同じです。



 灯火に集まる本種やヒゲコガネにオスが多い、あるいはメスがほとんどいない理由は何なのでしょう。ネットで調べてみましても、本種に関する記述では灯火によく集まると書かれているだけです。たまたま筆者がオスばかりに遭遇しているのでしょうか。



 筆者の煩悶をよそに、手の上でチョコマカとよく動き回ります。習性として高いところへ行こうとし、指先を上り詰めると、そこで立ち往生します。



 触角をいっぱいに広げ、翅を開こうとしています。今にも飛び立ちそうです。



 飛んでゆきました。翅を開く決定的瞬間を撮ることはできませんでした。ちっ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM