タイトル.jpg

ウスベニスジヒメシャク

2014/08/15


 筆者の勤務する駅で、時々見かける小さなガですが、ここ数日数が増えています。開長3cmに満たないほどですが、淡い黄色をしたなかなか綺麗なガです。この形態はヒメシャクガの仲間だとあたりをつけて検索するとすぐに見つかりました。コベニスジヒメシャク、フトベニスジヒメシャクといった近縁種がいて外見からの区別が困難ということです。成虫の出現時期は6〜10月とかなり長く、今後も当分の間お目にかかれそうです。



 うす紅色の筋模様が前後翅にあり、4枚の翅の筋模様を合わせて直線になるような翅の開き方をして止まっているのをよく見かけます。模様を直線状に合わせることで何かに擬態するということでもなさそうですが。



 筋模様を合わせるのが下手クソな個体もいます。まぁ、そろえたからってそれを見て感心するのは筆者くらいのものでしょうが。あるいは模様の個体差で上手く合わないものもいるのかもです。自分では合っているかどうか見れないので、本人にはどうでもいいことなのでしょう。



 多湿な森林に多いという文献もありましたが、駅の近くにそんな環境あったでしょうか? 幼虫の食草さえあれば機嫌よくしているように思えるのですが。食草についてはあまり情報がありませんでしたが、ミゾソバ、スイバとする文献がありました。スイバなら平地に普通に見られる下草です。食草探しにはあまり困らないでしょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。


recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM