1_萌萌虫雑記帳.png

カブトムシ5

2014/08/24


 カナブンやアオカナブンがすでにすでに死滅してしまったのに対して、カブトムシは現在までに1頭のメスが死去しただけです。雌雄一緒に飼っているのですが、けっこう長持ちしています。



 成虫たちはとても元気ですが、繁殖に関しては不作です。中学高校と累代飼育していましたが、このように不作なのは初めてです。なぜでしょう。理由を考えてみました。入手した個体はいずれも野生採集のもので、うちに来るまでにメスだちはすでに繁殖行動を終えていた。それでオスを誘うフェロモンの分泌も活発ではなく、オスたちの交尾行動を誘発しなかった。早いものでは6月から繁殖に参加しますからね。繁殖を狙うなら、もっと早い時期に雌雄を入手する必要があるのでしょう。



 とは言うものの、7月上旬から飼っているんですけどねぇ。今回、マットの中をざっと見たところ2卵を見つけました。これは7月下旬に調べた時と同じです。あの時の同じ卵ってことはないでしょうが、あれから産卵が進んでいないと思ってまちがいなさそうです。しかも2卵とも綺麗な白ではなく黄色くにごっていて孵化するようには見えません。今年のカブトムシの繁殖はナシということで。
 別にいただいたアルビノの幼虫を大事に育てましょ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM