1_萌萌虫雑記帳.png

ミヤマクワガタ3

2014/08/24


 8月5日に飼育を開始したペアがいまだに健在です。筆者のところに来るまでにも採集者のところで数日間はストックされていたようですから、人の手に落ちてから3週間以上生きていることになります。筆者の経験では本種をこれだけの期間飼っていたことはあまりありません。典型的な森林性の昆虫ですから、飼育下で低温多湿な環境を維持してやることが難しく、なかなか長くは飼えない虫です。



 いちおう産卵セットは仕立ててありますが、繁殖への期待はありません。たっぷり水を含んだ朽木をマットに埋め込み、さらに加水することで多湿状態を維持しやすいというメリットを求めたわけです。



 メスにより産卵行動の痕はいまだに見つかりませんが、今でもひじょうに食欲旺盛で、昆虫ゼリーはきれいに食べられています。健康な証拠ですね。



 ミヤマクワガタは、オオクワガタやヒラタクワガタのように成虫で越冬することはありません。長く生かせたとしても先が知れています。カブトムシ、シラホシハナムグリ、ミヤマカミキリ、アオドウガネ、クロカナブンらと共に、どれだけ生きるかの耐久レースです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM