1_萌萌虫雑記帳.png

オニヤンマ

2014/08/24


 北摂(大阪の淀川北岸から北の地域と兵庫県の宝塚、三田、伊丹、川西、猪名川)地域は、カブトムシやクワガタムシの宝庫ですが、合せてヤンマ類がたくさん棲んでいます。筆者が以前住んでいた淀川以南の地域では、ヤンマ類としてはギンヤンマが山地や広大な沼地などにたくさん住んでいました。これに対して北摂ではオニヤンマの姿をよく見かけます。



 よく見かけると言っても、そうそうホイホイ見つかる虫でもないのですが、たまに住宅地まで飛んでくることがあります。今回は残念ながら死骸でした。これも野鳥に突つかれたのでしょうか、目が片方なくなっています。それにしても大きなトンボです。この個体は体長が12cmくらいありますから大きい方ですね。サイズにはかなり個体差があって10cmを切るものもいます。概してメスの方が大きいです。



 オニヤンマは、死去すると体の黄色い模様や目の緑色が失われ茶色くなってしまいますが、これはまだ新鮮な死骸で、美しい色をよく保っています。生きているオニヤンマは肢や大腮の力がひじょうに強いです。かなり大きな虫でも捕まったら逃げられないでしょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM