1_萌萌虫雑記帳.png

エチオピアンブラックスコーピオン

2014/08/29


 タマテサソリの仲間としては小型種です。2001年秋に入手した際、お店の説明では、ソマリアからエチオピアにかけて棲息するサソリで、日本への輸入は初めてで生態についてもよく判っておらず、この個体が幼体なのか生体なのかも不明ということでした。



 この幼児体型は、素人判定ですが幼虫でしょう。餌をよく食べてお腹がパンパンです。尻尾が小さくハサミが丸く大きなところはタマテサソリらしいですね。歩脚が赤いのが特徴的です。ウデムシやサソリモドキには、幼虫のうちは肢が赤いものが多いですが、本種も成長するにつれて赤みが失われるのかも知れません。



 頭胴長で2cmといったところ。小さいですね。サソリにはこれくらいで成虫という種もたくさんいますし、もっと小さな種もいます。ですが、タマテサソリの仲間は比較的大型のものが多く、この個体も幼虫であると見て間違いない、筆者はそう考えました。



 ミルワームを食べています。小さなサソリだとミルワームも大きな虫に見えます。



 飼育期間8ヶ月ほどで死んでしまい、成長するところを見ることはできませんでした。
 ネットで調べてみますと、最近の記述は見当たらず、筆者がよくお世話になっているペポニさんの過去のリストに同名のサソリが記載されていました。激レアとありました。写真も筆者が飼育したものと同じでした。その後はあまり輸入されていないのかもしれませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM