1_萌萌虫雑記帳.png

オキピタリスノコギリクワガタ

2014/09/01


 フィリピンからインドネシア、マレー半島、体に棲息する日本のノコギリクワガタと同属の虫です。飼育していた2001年当時、外国産の虫を扱っている大手ショップの通販でひじょうに安価で購入しました。たしか産卵木かなにかを注文するついでに買ったのではなかったかなぁ。購入代金10,000円以上で送料無料ってな感じで。



 オスです。これで全長55mmていどでした。本種としてはこれで大きい方だと思います。大腮の形が日本のノッコンとはかなりちがいますし、色合いがたいへん特徴的ですね。愛好家たちが色ものなんて言ったりする、国産種にはない体色です。



 メスです。オスに比べると翅鞘の黒い縁取りが太く、異なる種類にも見えてしまいます。



 オスの小型の個体です。小型個体ほど大腮の形状が直線的になるところは日本のノコギリクワガタと似ています。



 5頭のセットで、小さなオスがもう1頭付いていました。オス3メス2の蝶お買い得セットでした。こういう安価なセットはおそらく取りカスと呼ばれるものの可能性が高いです。取りカスとは、愛好家たちの使っている俗語で、繁殖に使用しすでにその役目を終えた虫のことです。業者は、幼虫を採って商品化し、不用になった成虫を安価なセットで売るというわけです。あざといですね。



 それでも交尾行動が観られました。なんだかけなげです。



 交尾したメスはそのあとせっせと産卵木に穿孔していました。でももう産卵能力はなかったようです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM