1_萌萌虫雑記帳.png

エダハヘラオヤモリ

2014/09/03


 マダガスカル東部に棲息する小型樹上性ヤモリです。マダガスカル北部にエベーノヘラオヤモリというよく似たヤモリがいますが、本種の方が尻尾が大きいので判別は容易です。多湿を好む森林性の動物で、本種を飼っていた2002年夏、森林性の動物の飼育の難しさを思い知りました。



 みごとに枯れ葉に擬態したユニークなヤモリです。写真では緑の葉(模造)に乗っているので、擬態のほどはあまりよくわかりませんが、まるで枯れ葉に手足があるような生き物です。



 マダガスカルの擬態名人と言えば、カメレオンが有名ですが、本種も状況によってはカメレオンを凌駕する擬態ぶりを発揮します。動きはゆっくりとしています。夜行性動物特有の大きな眼を持っています。



 頭部のズームアップ。縦筋瞳の大きな目はなんだか宇宙人的ですね。っていうか古典的な作家が想像した宇宙人が爬虫類的なんですけどね、じつは。目の下にクリーム色の涙紋が目立ちます。枯れ葉に擬態するタケカレハも翅の同じような色の小さな紋を持っています。この共通点は偶然の一致でしょうか。葉に落ちた鳥の糞(尿酸)を真似たもの、といったらこじつけが過ぎますか?



 脚も枯れ枝っぽいです。ここまでの擬態では爬虫類としては最高レベルですね。



 尻尾は、色形ともまさに枯れ葉。色や形状には個体差がありますが、この尻尾には虫食いの痕まであります。しかもそれが左右非対称ってところが絶妙ですね。



 べつの個体の尻尾です。虫食いの痕はなく、全体的に白っぽく側面の一部が小さく反り上がり、干からびた落ち葉のような演出です。
 残念ながら、湿度と温度の管理がうまくゆかず、長生きさせることができませんでした。入手したのがワイルド個体であったこと、真夏に飼育を始めたことも敗因のひとつだったと思われます。当時の未熟な筆者は、高湿度の維持に専念して高温に対する配慮がなかったように思います。といいつつ今なら上手に飼えるのかと言われれば、かなり怪しいものですけど。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM