1_萌萌虫雑記帳.png

シラホシハナムグリ4

2014/09/03


 9月になっても、まだ3頭の成虫が生きています。飼育開始時が5頭でしたから、好成績ですね。ってこれは筆者の飼育の上手さを自慢しているのではないですよ、本種の成虫の生命力に対する評価です。
 ネット上のとある記述で、自然観察においてシラホシハナムグリの成虫が先に出現し、あとからシロテンハナムグリが出現するという記述を読んだことがありますが、それが本当なら本種は遅れて出現するシロテンハナムグリと入れ代わるわけではなく、平行して生き続けるようです。ただ、飼育下での観察では活発に活動していた7月に比べると、今はあまり動き回らず、マットにも潜りません。それでもメンテナンス時に触ると、翅を羽ばたかせて元気なものです。



 たくさんの幼虫が採れました。むかし繁殖させたシロテンハナムグリに負けていません。大小様々な成長過程の幼虫が見られるのは、メスの産卵期間が長期にわたることを物語っています。



 少し見ないうちにマットは糞まみれになってしまいました。甲虫類の幼虫を飼育する方にとってはよくお目にかかる光景ですよね。ここ数日とくにマットの消費が進んだ気がします。先日見たときにはこれほどじゃなかったはずです……。さっそく大きな容器にたっぷりマットを入れて、幼虫たちをそこへうつしてやりましょう。それでも冬までに1回か2回はマット交換が必要でしょうね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM