1_萌萌虫雑記帳.png

スズラン3

2014/09/07


 前項で、6月上旬に花のあと実がふくらんだ話しをしましたが、その後どんどん葉はみずみずしさを失い、今では色もはげてしまいました。



 もはや光合成も停滞していると思われます。でも春から夏にかけてしっかりと光合成して、地下茎に栄養を蓄えたことでしょう。



 比較的日当たりのよい場所の葉は、黄色くなり今や枯れる寸前です。



 6月上旬には緑色だった実は、もはや旬も過ぎ、天然のジャムと化しています。右側の実には、鳥か虫がついばんだような痕があります。あまり美味しくなかったのでしょうか。すこしかじって止めてしまったようです。スズランには毒性がありますが、食した鳥か虫は大丈夫だったのでしょうか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM