1_萌萌虫雑記帳.png

ハイイロモリガエル

2014/09/10


 アフリカ南部のサバンナに棲息する樹上性のカエルです。樹上性で長い四肢で上手に木登りをします。突き出た大きな目が特徴で、50mmないし90mmていどになるようです。吸盤はよく発達していてガラス面等に貼りつくこともでき、跳躍力も強いです。



 サバンナに棲息する乾燥系のカエルとは思えないほど水辺が好きで、しばしば水に浸かっているところを目撃しました。水に浸かっていなくても体が乾いているのを見るのが難しいほど。サバンナ地帯に行ってみたことがありませんが、雨期と乾期を繰り返すかなり厳しい気候の風土だと思います。飼育下では雨期モードになったのでしょうか。乾期には休眠状態になるかもしれませんが、それで乾燥系の生き物と決めつけるのは正しくないのかもしれませんね。



 丸く大きく飛び出した目玉が可愛いです。乾燥系の生き物というよりは、森林性動物の感覚で飼うのがよいのかもしれません。といっても理想的な森林環境の再現なんて筆者には手に余りますから、本種が頑健種であると期待して、飼育環境に順応してくれるように祈るしかありません。



 2003年に筆者が飼っていた個体は全長20mmていどのチビすけでしたが、俊敏によく動き回り、よく採餌していました。ショップに入荷した当初は10mm程度だったそうです。あまりに地味で小さなカエルなので売れ残っていたとか。



 ある時、数日間に渡って体色が黒っぽくなっていました。カエルの色変わりは珍しくありませんが、なんだか残念な色でした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM