1_萌萌虫雑記帳.png

アマビコヤスデ

2014/08/12


 沖縄県宜野湾市に住んでいる方に、地元で採集した3頭を送って頂き飼育しました。冬場だったので到着したときには5℃という気温で冷えきっていましたが、手のひらに乗せるとモゾモゾと動き出しました。沖縄に棲息するとはいえ寒さにもなかなか強いようです。コケや腐葉土についている微生物等を食べていらしいので、メガソイルという腐葉土を発酵させたものを床材として敷いてみました。メガソイルは、たしか大型のタマヤスデの飼育用に日本のとある業者が開発したマットです。


 ヤスデの仲間は、ダンゴムシのように球形に丸まるもの以外では、細長い体をしていて、その断面が円形に近いものが多いですが、本種は偏平な体をしているという点でたいへんユニークです。また肢がムカデのように体側から外側に突き出ているところも、ヤスデとしては例外的です。



 形はユニークですが、他のヤスデ同様に丸くなることもできます。



 メガソイルを敷いた上に、コケを乗せました。飼育レイアウトとしてはこんな感じです。



 頭部のズームアップ。とてもみずみずしいです。ヤスデの仲間はムカデ以上に乾燥に弱く、自ら乾いたところに出向くこともないようです。



 この美しく個性的で、かなりの大きさのあるヤスデですが、ペットとして普及には至っていないようです。そもそもヤスデの仲間は正直申しまして飼育に適していません。たいへん興味深い動物ではありますが、彼らが長期間生き長らえ繁殖に至るような環境を人工的に仕立てることはひじょうに困難です。
 しかしながら、これは筆者の個人的な見解であって、メガソイルを開発された方のように、ヤスデの飼育を研究している人も大勢いるでしょうから、ヤスデの飼育ノウハウも徐々に蓄積され、やがては飼いやすいCB個体が出回るようなことになるかもしれませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM