1_萌萌虫雑記帳.png

オオゴキブリ2

2014/09/17


 飼育中のオオゴキブリですが、なかなか繁殖に至りませんね。飼育下での繁殖はそれほど難しい種ではないと思うのですが。単にメスの成虫がいないとか。
 基本的に朽木に穿孔している虫ですが、筆者の家の近くの森に棲んでいるものは、時おり森を離れた場所に出てきたりします。家から駅までの数分間の道のりで、月に1〜2頭ていどを見かけます、死骸を含め。死骸の場合は人に踏まれたか、あるいは鳥が森から持って来て落っことした可能性もあるでしょう。いずれにしろ朽木から出て地表を歩いないことには、筆者の目に留まるようなことにはならないはずです。数年前に近くの森に子供たちとカブトムシを探しに出かけた時にも、木に止まっている本種を何頭か見かけました。



 7月17日。飼育を始めて1週間くらい経った時の様子です。クワガタムシの産卵セットをそのまま流用しているのですが、朽木はマットの中に沈み込み、マットには方々に穴が開いています。昆虫ゼリーもよく食べています。



 8月3日。飼育を始めて4週間くらい経ちました。マットが2層になっています。上の方のマットが黒くなり、下半分は鮮度を保っています。これはどういうことでしょう? 上の層が糞尿で汚れたとか。



 掘り出してみました。みんな元気にしていますが、朽木は無傷のママです。マットを食べている方が手っ取り早いからでしょうか。黒くなったマットは少し悪臭がします。



 飼育環境を元に戻し、ゴキブリたちを放ちました。一目散にマットに潜ってゆきます。



 9月15日。マットが全体的に黒くなってしまったので、新しいものと交換することにしました。左が古くなったマットです。水分過多にもなっているので、今後は加水を控えめにしましょう。



 成虫です。飼育を開始して2ケ月以上になりますが、この個体は翅が綺麗なままです。森林性のゴキブリは社会生活においてしばしば翅をかじり合いますが、この個体を見るとまるで単独で暮らしているようです。クチキゴキブリなどではペアになった雌雄がたがいに翅をかじり合うそうです。



 充分に成長した幼虫、たぶん終令だと思うのですが。



 朽木に穿孔しようとしている個体がいました。翅が3分の1くらいしか残っていませんが、これは飼育を始めるまえからすでに消失していました。朽木は相変わらずほとんど食い荒らされていません。これも水分過多のせいかもです。
 少し気が早いですが、冬場は加温せずに常温で管理する予定です。それまでに繁殖があればまた報告します。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM