1_萌萌虫雑記帳.png

ゴトウヒラタクワガタ3

2014/09/17


 前回8月下旬には、朽木の中に初令幼虫を見つけましたが、その後どうなったでしょう。前回までにマットに埋め込んであった朽木はバラバラの破片にされてしまいましたが、その後は外観に大きな変化は見られませんでした。



 よく育った幼虫をマットの中で見つけました。前回初令だったものが成長したとすると、ちょうどこれくらいだと思われます。クワガタムシの幼虫の成長はカブトムシやハナムグリほど早くはありません。



 体に比べて頭部が大きく立派ですね。カブトムシの幼虫とちがって頭がつややかで明るい色をしています。



 これは朽木の中にいた幼虫です。まだ初令です。アマミヒラタクワガタの場合もそうでしたが、朽木の中で見つけた幼虫は小さく、大きな幼虫はマットの中で見つかりました。バラバラになってしまった朽木片だと大きく育った幼虫は外へ出て行ってしまうのでしょうか。



 今後は1頭ずつ菌糸びんに入れて管理します。朽木の中で見つけた幼虫には朽木片を、マットの中でみつけた個体にはマットを少量入れておきます。幼虫の周辺の朽木やマット、糞の中に有用バクテリアが繁殖しているかもしれないからです。



 菌糸びんの容量は500ccていどです。大型のクワガタムシなので、蛹化までにもう1回交換が必要でしょう。それよりも気がかりなのは、南方の亜種の幼虫を常温で管理できるかどうかですね。よく言われるように蛹化の時期が幼虫の過ごした積算温度に影響されるのだとしたら、南方の虫をこちらの常温で管理した場合、凍死をまぬがれたとしても蛹化がずいぶん遅れることになるでしょう。冬場は温室の比較的低温の場所あたりが管理に適しているかもしれません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM