1_萌萌虫雑記帳.png

ラルッソンツノヒョウタンクワガタ2

20014/09/17


 変な小さなクワガタムシたちのその後ですが、現在に至るまでまったく姿を見ていません。なんせせ今年はたくさん虫を飼育しているので、適時昆虫ゼリーの交換をしてやるだけで手一杯でした。朽木やマットの様子、昆虫ゼリーの消費具合で生育状態を想像するだけでした。



 7月17日。マットに多数の穴があいていて、成虫たちの活動の痕が伺えます。昆虫ゼリーもそれなりに消費しています。朽木はきれいなままカビが生じています。



 8月5日。8月に入ってからは昆虫ゼリーをほとんど食べなくなりました。写真では食べられているようにも見えますが、ゼリーのフタにカッターで十字の切り込みを入れたところに沿って菌類かなにかがわいているだけです。朽木やマットの表面にも白い菌類の繁殖が見られます。昆虫ゼリーを食べなくなった成虫たちは、地表に出てくることもなくなったのでしょうか。



 飼育ケースの細部を見渡すと、成虫たちの穿孔した痕がところどころに見られます。上の写真はマットに穿たれた穴です。



 こちらは朽木の切断面に見つかった穴です。けっこう深いです。朽木に見つかった穴はこれだけです。



 9月15日。前回から40日ばかりが経過しました。消費されることのない昆虫ゼリーを時折交換してやり、変化のない朽木を見ているだけの日々が長く続きました。もはや成虫さえ生きているかどうか不明です。今回は立ち入った調査を行なってみます。
 朽木をマットから掘り出したところで、その断面に幼虫の頭が見えました。



 朽木を持ち上げたあとにも、ゾロゾロと幼虫が出てきました。



 簡単に調べたところ、マットの中からこれだけの幼虫および成虫を生きた状態で見つけることができました。



 幼虫たちはそのほとんどが成虫よりも大きく成長しています。もうすでに終令ですね。成虫たちは飼育を開始したときの6割ていどしか見つかりませんでしたが、死骸も見当たらないので、残りのものは朽木の中に潜り込んでいるのかもしれません。だとすれば朽木の中にはかなりの数の幼虫もいるかもです。大繁殖です。



 この小さな虫たちに菌糸びんを用いるのも虚しい気がします。朽木を元通りに埋め込み、幼虫も成虫も元に戻しておきましょう。いちおう昆虫ゼリーも新しいものにしておきます。久々に地表に出た成虫が食べるかもです。
 以前に日本に棲息するチビクワガタを飼ったことがありますが、あの時は繁殖に至らず、成虫も長く生かしておくことはできませんでした。今回、大繁殖に至り、成虫たちも2ヶ月以上生かしているというのは大きな成果です。
 蛹もぜひ見てみたいですが、本種の生態についてはほとんど無知なので、手さぐりで観察を続けるしかありません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM