1_萌萌虫雑記帳.png

セスジヒトリ

2016/09/06


 この項はもともとアカハラゴマダラヒトリ2として記述していましたが、このたび専門家の判断により誤りであることが判明いたしましたので、訂正させていただきます。詳しくは(こちら)をご参照ください。
 なお、以下は訂正前のものをそのまま記載しております。

2014/09/19


 筆者の勤務する駅あるいは自宅付近や通勤路で、ガの存在が気になり始めた頃、今年の5月のことですが、その頃に数頭と出会って以来、久々に再会しました。しかも今回は一夜に数頭を見かける大量発生ぶりです。どうやらこのガの成虫は、春と秋の季節の良い時期に出現するみたいですね。もちろんこういうガは少なくなく、秋もおそらくガの襲来に右往左往させられるのでしょう。でもキリないからなるべく見過ごしましょうか。



 手の届かない高いところにいる個体を、デジカメの望遠で狙いました。腹部背面の赤い部分が少し見えています。5月に見かけたものより少し色が黄色いです。



 こちらは床面に止まっている個体。やはり春のものより黄色みを帯びています。本種は年2化性で秋型は黄色いのでしょうか。ネットで検索してみると、春型と夏型があるという記述を見つけました。秋型ではなく夏型ですか。でも夏場よりも秋によく活動するようですよ、筆者の見た限りでは。



 1頭を捕まえてみた。触角をしきりに動かしています。けっこう可愛いです。



 近縁種にキハラゴマダラヒトリがいて、翅が少し黄色みを帯びるうえ、腹部背面が黄色くなるということですが、ここに飛来する個体はいずれも赤い腹をしていますし、6肢の腿節が赤くなることでも本種であることが判ります。
 触れると、その場から落下して死んだふりをするという記述を読んだことがあるのですが、筆者の目撃した本種たちはそういう生態を見せてはくれませんでした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM