1_萌萌虫雑記帳.png

ワタフキカイガラムシ5

2014/09/19


 植物と一体化して動かない、この白い小さな虫を筆者はかなり気に入ってしまいました。農家や園芸家にとっては害虫なので、こんなこと申すと叱られそうですけど。



 8月下旬に、仔産しているところを目撃し、その後幼虫も見受けられたのですが、予想していたような大繁殖には至りませんでした。ちと残念です。



 小枝に止まっている本種を腹側から見てみますと、6肢で枝に抱きついているのがよく判ります。
肢で枝を抱え込み、ストロー状の口器を枝に深く突き刺し、植物から養分と水分を吸い上げながらじっと動かない、それがこの虫の生活です。
 残念ながら、この小枝は枯れてしまっています。中の維管束も次第に細くなりやがて水分が流れなくなってしまうでしょう。それでもこの虫は動こうとせず、枝と運命を共にするのでしょうか。あるいは新鮮な枝を求めて移動するのでしょうか。



 枝から引き剥がしてみました。少し力を加えると、あっけなく剥がれました。まったく動く気配がありません。



 裏返してみました。なんだかよく判らないですね。
 枝から引き剥がされたこの虫は、自力で新鮮な枝に戻ることができるのでしょうか。それともこのままアリの餌食になるしかないのでしょうか。この虫にも移動能力はあるはずです。それとも幼虫の間は活発に動き回るものの、成虫になってこうして産卵を始めると再び動き回ることはないのでしょうか。幼生のうちは遊泳し、成熟すると岩に固着して動かなくなる海洋生物のホヤのように。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM