1_萌萌虫雑記帳.png

キリギリス8

2014/10/01


 9月下旬には、筆者の家の近くの野生ものも啼き声を聞かせてくれなくなりましたが、飼育中の個体は、9月までにほぼ死滅し、1頭のメスだけがそのあと1ヶ月ていど生きていました。生き残ったメスは昆虫ゼリーが大好きで、熱帯魚用のフレークフード等よりも昆虫ゼリーを食べていました。使用していたゼリーは、動物性タンパク質の含有量の多い、高タンパクゼリーといわれるもので、肉食性の強いキリギリスでも、もしかするとこれ1つで飼育できるかもしれません。



 最後まで、昆虫ゼリーをよく食べていましたが、産卵を終えてお腹がすっきりしてからもかなりの期間を生き長らえた原動力は、彼女が愛用した昆虫ゼリーにあったのでしょうか。
 ネットオークションを見ていますと、九州地方では10月になってもまだ成虫がかなり健在のようです。キリギリスは秋よりも夏の虫のイメージがありますが、ツユムシやササキリといった虫たちは、今が盛りと啼いています。キリギリスの仲間としては本種はひじょうに大きく、どちらかと言うと南国に適応した虫なのでしょう。東北のような寒い地方にも分布しますが、活動期間は短いと思われます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM