1_萌萌虫雑記帳.png

秋の啼く虫15連発(10)
ヒメコオロギ

2014/10/08


 体長10mmていどの小さな黒いコオロギです。ネットオークションで入手したのですが、初めて実物を見ました。見て思ったのですが、クマスズムシとよく似ています。とくにオスは似ていますね。本種の方がいくぶんスマートに見えますが。本種の方が後肢がしっかりしていてジャンプ力があります。



 ネットで啼き声を検索すると、耳にしたことがある声に聞こえるのですが、たぶん類似した他のコオロギを聞いているのでしょう。飼育下でも落ち着かせると昼間でもよく啼きます。



 ある記述に、日本最小のコオロギとありましたが、同程度のサイズのものは他にもいくらかいますし、マダラスズやヒバリ類はもっと小さいです。



 メスです。翅が小さく退化的ですね。小型のコオロギでも頭部が大きく、スズムシ類やマツムシ類とのちがいは明瞭です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM