1_萌萌虫雑記帳.png

ゼンマイ

2014/08/01


 ワラビと並んで有名な春の山菜です。これもシダ類ですよ。ワラビと同様に芽吹いたばかりのものを集めて食べます。醤油と砂糖で甘辛く炊くとよろし。



 撮ってきた写真を眺めていると、なんかちがう気がしてきました。茎が赤くてトゲトゲがいっぱいついていますが、どうやらこれはゼンマイじゃなさそうですね、残念ながら。ゼンマイの生えている同じ山にこうした近縁種が一緒になって生えています。



 山菜にするゼンマイは、茎がもっとすべすべで綿毛に覆われています。むかしならば見まちがえることなんてなかったものですが、長らく野山と離れていたせいで、能力が低下したようです。
 みなさん、これはちがいますからね、食べても美味くないですからね。

チングルマ

2014/08/01


 名前はよく耳にしますが、見るのは初めてです。雪田や雪渓の周囲に大きな群落を作るそうです。地を這う高山植物ですが、これでも木本です。樹高はせいぜい15cmほどですが。北海道から本州中部以北の山岳地に自生しています。



 高山性の草本と同じようにうずくまっていますが、木部もよく判りますね。木ですよ。花は白いですが、濃厚な黄色の雄しべのせいで、花びらまで黄色みを帯びて見えます。



 花を拡大すると、白いでしょ? スイセンでも似たような感じに見えることがあります。
 チングルマの名は、花が終わった後の綿毛の様子が、風車(かざぐるま)みたいだからということに由来するそうです。風車は子供のおもちゃとして稚児車ともいい、これがチングルマに転じたとか。花が終わると毛足の長い綺麗な綿毛に変じるそうですよ。

プルサティラ・ブルガーリス

2014/08/01


 アルプス、イギリスの高地、スカンジナビアに分布する高山植物です。日当たりのよい乾いた土地に草丈の短い姿を現すところは典型的な高山植物ですね。草に対して花が大きくなるのも高山植物の特徴です。短い春の間に受粉を成功させるために、高山植物は開花に多くのえねぐぎーを費やします。




 粉かな葉をつける草本体に対して、花茎は太く大きく、そこへいくつもの大きな花がつきます。



 花は低い位置で開き、花が終わると花茎が高く伸びるようです。タンポポもこんな感じですよね。



 鮮やかな紫に黄色いしべがよく映えます。日本でもセイヨウオキナグサの名称で園芸品種化されているそうです。ならばオキナグサのように花のあと綿毛が生じるのかと言えば、そのようですよ。それを見ることはできませんでしたが。



 花をクローズアップすると、熱帯植物を思わせる派手さがあります。



 咲き終えた花は一見ツボミみたいですが、そうではありません。花茎がどんどん伸び、やがて花は綿毛と化します。綿毛は種子をつけてフワフワと舞い立つのでしょう。花茎が長く伸びるのは高い位置から綿毛を遠くへ飛ばすための工夫ですね。

フロックス・ニバリス

2014/08/01


 アメリカ合衆国の南部から東部に生息する多年草。葉は細かく茎は這うように広がります。おそらく乾燥地帯の高山とよく似た環境に育つのでしょう。花も大きくならないところが高山植物と少しちがいますね。園芸品種にもなっています。



 葉はたいへん細かいのですが、みずみずしい緑色をしています。地を這いながら細かい花をたくさんつけつ様子は、日本のコメツブツメグサに似ていると思いました。



 花弁は筒状に伸長し、先端が開きます。ユニークな形ですね。オシロイバナがこんな感じんですかね。花の先端の形状がかなり異なりますが。
 高山植物園の花の中では比較的地味な感じでした。

ヘレボヌス・チベタヌス

2014/08/01


 唯一アジアに自生するクリスマスローズらしい。クリスマスローズというと12月頃から花をつけ4月になって春の花が咲き始めるころに花を終える、典型的な冬の花です。筆者の職場の駅を訪れるご高齢の女性も庭に植えているとおっしゃっていました。花の少ない冬期を通じて花をつけるなんて、すごいですね。



 高山植物園ではGWでも咲いていましたが、そろそろ終わりなのかもです。どの花も下向きです。まぁ冬に花を訪れる虫もいない(皆無ではないかも)でしょうから、上を向いていても空しいだけなんでしょうけど。同じように冬に咲くシクラメンも下向きの花をつけますね。



 花が終わって初夏に種を落とすと、その後地上部は枯れて休眠に入るのだそうです。種名のチベタヌスは発見地のチベットを差しているそうです。


ホストニア・セルレア

2014/08/01


 アメリカ合衆国東部から南部に分布する常緑多年草で、湿度の高いところを好むそうです。写真ではとても華やかに写っていますが、けっけう小さな花です。園芸植物として日本にも輸入されています。



 見事に満開ですね。花が多くて草の部分が見えないほどです。全体として半球状にまとまっているのも見事です。
 以前にどこかで鉢植えになっているのを見かけたことがあるのですが、明るい緑の葉がもっと目立っており花数は多くありませんでした。丸い細かい葉が密集する草の部分も可愛らしいですけどね。



 ひとつひとつの花はアジサイの装飾花に似ていると思いました。色合いや質感もアジサイ的で、湿度を好む花らしいな、と感じました。

ミズバショウ

2014/08/01


 ミズバショウというと尾瀬沼を思い出しますが、湿原を代表する花のイメージが強いですよね。北海道と中部地方以北の日本海側に生えているといいますから、北方の植物なわけです。尾瀬って日本海側じゃないですけどね。筆者が住んでいる兵庫県にも自生地があるそうです。なにゆえ兵庫県だけに……。むかし人の手によって持ち込まれたのでしょうか。



 花はまだこれからのようですね。苗はけっこうありましたが、花を見つけるのに少々苦労しました。



 花の形状は、見るからにサトイモ科ですね。花穂がまだ青いです。もう少ししたら黄色くなるでしょう。
 それにしても、兵庫県の自生地ってどこでしょう。気になります。……ってここ兵庫県だし。園内に生えているミズバショウは、植えたものじゃなくて自生しているものなのでしょうか。筆者は西日本では唯一のミズバショウの自生地に来ているのでしょうか。

ミヤマオダマキ

2014/08/01


 これはなんだか変な植物ですよ、この青い袋状のものはツボミですかね。北海道や本州の高山地帯に自生するキンポウゲ科の植物です。



 岩場にからみつくようにして生え、花茎だけが長く直立しています。高山植物らしいといえばらしいですね。



 どうです、このツボミの面白いこと。小さいうちは白くて、だんだん紫色になり、バッグのようにヒモでぶら下げているような形状になります。1本の花茎にツボミの全過程がそろってるって感じです。



 あたしゃ大変に気に入りましたね、このツボミ。とってもラブリーです。ミヤマオダマキのツボミのフィギュアとかないですかねぇ。イモムシのフィギャでもあるのに、最近は。



 葉もなかなか可愛いですよ。右の方に写っているツボミは、花茎からも葉が生えてますよね、どう見ても。ツボミからいちばん近い葉がそれです。それ以外は別の茎についてる葉です。
 で、左の方に開きかけのツボミが見えます。



 花は、下向きに謙虚に咲きます。



 花を下から見上げると、なんだか奇妙な形状になっています。どうしたらいいんでしょうね、これ。どうやって茎にくっついてるんでしょう、この花。とっても変です。

メコノプシス・ペトニキフォリア

2014/08/01


 チベットからミャンマー北部をへて中国南西部まで分布するヒマラヤの青いケシの仲間です。英名はブルーポピー。アヘンの材料になるケシ科植物とは別物で、属名のメコノプシスとはケシに似るという意味だそうです。



 草丈が160cmていどになるそうですが、ここには小さな苗しか見られませんでした。青い花を見たかったのですが、開花時期には少し早かったようです。



 とりあえずツボミを1つ見つけました。ろうそくの炎みたいなツボミですが、花は横向きに咲きます。



 こちらには、よりポピーらしい緑のツボミがありますが、ではさっきの濃い紫のものは何だったのでしょう。
 青い花が見たかったなぁ。

ヤマトリカブト

2014/08/01


 葉を見ると、キンポウゲの仲間っぽいですが、まぁそうなんですけど。中部地方から東北地方の山林に生えている多年草です。根に猛毒成分があるので、毒殺したい相手がいる人は、これを引っこ抜いて変えるがいいです。



 花は秋ですね。今はまだツボミもありません。トリカブトとは、舞楽で用いる長いかぶりもののことらしいです。そんなおもしろい形状の花をつけるそうです。秋に出直して来いと言われました。

<< | 3/5PAGES | >>

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM